HOME > 住宅ローン > 借り換えの目的とメリット

住宅ローン借り換えの目的とメリット

住宅ローンの借り換えをする一番大きなメリットは、返済額を減らすことですが、住宅ローン借り換えの目的大きく分けて下記の3パターンになるでしょう。
1、総返済額を減らしたい
2、月の返済額を減らしたい
3、金利上昇リスクを減らしたい

1、総返済額を減らしたい

単純に、最終的に支払う返済額を減らすことが目的の場合です。同じタイプの住宅ローンへの借り換えが基本となり、現在のローンより金利の安いローンに借り換えすることで、総返済額を減らすことができます。ただし、この時、気をつけなければならないのが、借り換えにかかる諸経費(事務手数料、保証料、団体信用生命保険料)です。借り換えにより減額された金額からこの諸経費を引いた額がプラスにならなければ、住宅ローンの借り換えによるメリットはありません。
借り換えにより減額された金額 - 諸経費 = 実際に減額された金額
となるわけです。 金利が下がれば、総支払額も減りますが、諸経費がかかることを前提に、借り換えのメリットがしっかりあるのかどうかを見極めることが大切です。 総返済額を減らすために住宅ローンの借り換えを検討しているなら、住信SBIネット銀行住宅ローンの借り換えシュミレーション(お借換試算(詳細版))を使って試算してみることをおすすめします。 また、1社では比較できないと思うので、新生銀行にも借り換えメリットのシュミレーションページがありますので、両方を利用して比較してみましょう。

2、月の返済額を減らしたい

毎月の返済額を減らすことが目的の場合です。まずは同じ金利タイプのローンへの借り換えを検討し、それでも満足できなければ金利タイプを変えることも検討します。
ただし、金利タイプを変更すると、金利上昇リスクを増やすことになるので注意しましょう。 基本的な考え方は、総返済額を減らしたい場合と同じようにローン商品を選ぶことになります。 また、家計に余裕がないなどの理由で月の返済額を減らすことを優先しすぎるため、固定金利型や10年固定の固定金利選択型などから変動金利型のローンに借り換えることは、避けるべきです。金利上昇により将来的に月の返済額が増えてしまう可能性が高くなります。
いずれにしても、まずは、新生銀行や住信SBIネット銀行住宅ローンの借り換えシュミレーションを使って、ローン借り換えのメリットを試算してみましょう。

3、金利上昇リスクを減らしたい

金利上昇リスクを減らすことが目的の場合、変動金利型や固定金利選択型から、固定金利型の住宅ローンに借り換えをすることで、金利上昇リスクを減らすことができます。 金利の変動がなくなり安心感を得ることができますが、毎月の返済額はかなり増えてしまいます
全期間を固定金利にこだわらず、家庭の支出の多い時期のみ固定金利を設定することのできる「固定金利選択型ローン」に借り換えをすれば、毎月の返済額をそれほど増やさず、支出の多い時期のみ金利上昇リスクを回避することができます。 こちらについても新生銀行の「借り換えメリットのシミュレーション」を使って試算してみることをおすすめします。

このページのトップに戻る