HOME > 金利タイプについて > 変動金利とは

変動金利のメリット

住宅ローンを借りるときに、固定金利にするか変動金利にするかは悩みどころです。変動金利というものにはある意味で、ばくち的な要素があります。
景気が上昇すれば金利も上昇し、景気が後退すれば金利も下がります。ですから金利が下がったときに会社からの給与がそれほど下がっていなければ、月々の支払いが楽になります。それが変動金利のメリットです。

変動金利のデメリット

住宅ローンを変動金利で借りた方は、良い意味でも悪い意味でも月々の支払いを景気に左右されます
景気が上向いた場合、住宅ローンの金利も上がります。しかし会社が給料も上げてくれるかといえば、一慨にそうとは言えません。企業は給与をなるべく低く抑えようとするものだからです。
そうなると給料は上がらないのに、金利をたくさん払うということになります。これが変動金利のデメリットです。

このページのトップに戻る