HOME > 金利タイプについて > 固定金利選択型とは

固定金利選択型のメリット

住宅ローンにおける固定金利選択型というものは、3年や5年といった一定の期間だけ金利が固定され、その後は変動を選んでも良いし、再び固定を選んでも良いというプランです。
これを選ぶメリットは、経済状況に対応できるということです。世の中の流れから、再び固定するのと変動制にするのと、自分に有利と思われる方を選択できることに利点があります。

固定金利選択型のデメリット

住宅ローンの固定金利選択型にもデメリットはあります。
たとえば固定期間を経た後、世の中が不況となって金利が下がり続けたとしたらと考えます。あくまで結果論ですが、この場合は最初から変動制にしておいた方が支払う金額は少なかったといえます。逆に金利が上昇をし続けたら、最初から固定金利にしていた方が支払う額が少なかったでしょう。こういった状況に陥る可能性があるのが、選択型のデメリットです。

このページのトップに戻る