HOME > 諸経費について > 住宅ローンの団体信用生命保険料とは

団体信用生命保険料とは?

団体信用生命保険とは、住宅ローン契約者がローン返済中に死亡または高度障害になってしまった場合に、契約者に代わり、生命保険会社がローン残高相当の保険金を債務者に支払うことによって、ローン完済となる制度です。
その制度を受けるために支払うのが、団体信用生命保険料です。
民間の金融機関の場合、この保険に加入しないとローンの借り入れができません。

団体信用生命保険のメリット

団体信用生命保険料は、金融機関が住宅ローン契約者をまとめて団体契約として契約することから、個人での契約より比較的割安なことが多く、また加入した時点での年齢による保険料の差がないことが特徴です。 民間の金融機関の団体信用生命保険料は住宅ローンの金利に含まれていることが一般的で、ローンの返済と別に保険料を支払う必要がありません。三大疾病、生活習慣病を加えた七大疾病の特約を付けることもできます。

このページのトップに戻る