HOME > 返済方法について > 元利均等返済とは

元利均等返済のメリット

住宅ローンの元利均等返済とは、元金と利息の合計が毎回同じになるようにする計算方法です。
毎月一定の返済額になるように、利息の減少に伴って元金が増加していきます。
この返済方法のメリットは、毎月支払う返済額決まっているので将来の返済計画が立てやすいことです。
元金均等返済と違い、返済開始当初に大きな負担がかかることもありません。

元利均等返済のデメリット

住宅ローンの元利均等返済のデメリットは、毎月の返済額を一定にするために利息に合わせて元金を調整するため、返済開始当初は利息の割合が大きく元金がなかなか減らないことです。
元金の減るペースが遅いため、返済期間が長くなります
元金がなかなか減らない分かかる利息も増えるので、元金均等返済よりも最終的に支払った総額が大きくなることがあります。

このページのトップに戻る