HOME > 返済方法について > 元金均等返済とは

元金均等返済のメリット

住宅ローンの元金均等返済とは、元金を返済回数によって均等に分け、利息部分は元金の残高による利率によって算出し、元金と利息を合わせた額を毎月返済する計算方法です。
元金均等返済を選ぶメリットは、毎月一定額の元金を返済できるため、元利均等返済より元金の減少するペースが早く、その分かかる利息が全体として少なくなることです。

元金均等返済のデメリット

住宅ローンを元金均等返済によって返済するデメリットは、毎月一定の元金に利息を加えた額が返済額となるため、返済当初は元金残高が多いので利息部分も多くなり月の返済額が多くなるということです。
元金の減少に伴い月々の返済額も少なくなっていきますが、結婚や出産、転職などで支払い能力に変化があった場合、毎月一定の返済額である元利均等返済より負担が大きくなるため、よく検討する必要があります。

このページのトップに戻る