HOME > 返済方法について > 住宅ローンの繰り上げ返済について

住宅ローンの繰り上げ返済とは?

住宅ローンの繰り上げ返済とは、毎月の決められている返済額とは別に、元金の部分を前倒しして返済することをいいます。繰り上げ返済には2種類あります。ひとつは返済期間を短縮する期間短縮型、もうひとつは毎月の返済額を軽減させる返済額軽減型です。一般的に繰り上げ返済としてよく利用されているのは、期間短縮型です。

住宅ローンの繰り上げ返済をするメリット

住宅ローンの繰り上げ返済をするメリットは、元金を前倒しして返済することでローン残高を当初の予定より早く減らし、その分かかる利息総額が少なくなることです。
「期間短縮型」の場合、繰り上げ返済したことによりローンの返済期間が短くなります
「返済額軽減型」の場合は、返済期間は当初の予定と変わりませんが、その分毎月の返済額が少なくなるので、将来の教育費負担や返済能力の変化に備えることができます。

このページのトップに戻る